0
最新ニュース

日韓外交問題での韓国人旅行者は・・

日韓の外交問題が世間を賑わせてから暫く経ち、TVやネットでの報道は以前より報道量が減りました。

報道は減りましたが、依然問題は好転していません。

 

弊社の拠点福岡市では以前はキャナルシティ博多、博多駅、天神、ベイサイドプレイス博多など街を歩けば韓国人の方が多数いるような状況でした。

ただ今日現在では街を歩いても以前の様子は全くなくなり、韓国人の方を街中でみる頻度はかなり減ったように思います。

 

 

 

福岡市は韓国人観光客の割合が高い地域

また、2018年福岡市の訪日外国人の割合は以下の通り

出典:福岡市観光統計

韓国人の方が圧倒的に多いですね。

実際の数値にも韓国人観光客の減少が表れている

JTB総合研究所のデータ

こちらのデータを見ると2019年8月は前年同月と比べ-48%となっています。

 

当社の旅館業施設では・・

当社運営施設ではこのような形になりました。

★あくまで当社での実績ですので予めご承知おきください。また、本日以降はまだ予約が新規で入ってくる可能性もある為、あくまで参考値です。

日韓関係の問題が実績に如実に表れてきた8月を区切りとして算出しています。

日本人観光客を入れた割合。

このグラフを確認するとやはり、半数以上は日本人です。

 

 

次のグラフではインバウンドのみを切り取ってみます。

韓国人は以前3割以上を占めていましたが、1割にまで減少しているのが分かります。

イギリス、フランス、オーストラリアはラグビーワールドカップの影響です(やはり皆さんガッチリしていました)

 

直近ではほとんど韓国の方の予約は無く体感的にはもっと減っているようなイメージです。

 

旅館業事業者にできることは。。

我々旅館業事業者にできることは【日本に泊まって良かった】と思ってもらうことではないかと考えます(どこの国の方でもそうですが)

政府の関係が悪化している今、また色々な思想の方がいることも承知しています。

 

我々の草の根レベルでこういった地道な積み重ねをすることで、民間の間での交流が少しでも戻ればいいな、と思っています。